相続税

相続税について

相続税 header image 2

延納について

2015年06月15日 · コメント(0) · 未分類

相続税をはじめとする国の税金は、期限までに金銭として一度に納付するというのが原則ですが、さまざまな理由によって、このような納付ができない場合も存在します。そこで、相続税については、年割で納付することができる「延納」という方式が、特別に認められています。
この制度を利用するためにはいくつかの条件があり、相続税の金額が10万円を超えていること、金銭での納付が困難な理由があること、税額に対応した担保を提供すること、期限までに税務署長に申請することなどが挙げられます。ただし、この場合の担保については、年割にする税金の金額が100万円未満で、期間が3年以下である場合は不要となります。
担保として提供できる財産としては、国債や地方債、社債をはじめとした有価証券、土地や建物の不動産といったものなどが挙げられますが、換金できるだけの確実性がない、これら以外の財産については、担保の対象外となってしまいますので注意が必要です。
また、この制度を用いる場合については、本来の税金の金額のほか、利子税が追加されることになっています。この利子税の割合は、相続税の計算の基礎になった財産のなかに、不動産がどの程度含まれているかなどの要素によって、細かな違いがあります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。