相続税

相続税について

相続税 header image 2

生前贈与の方法

2015年06月15日 · コメント(0) · 未分類

2015年からの相続増税を考えて、税負担増を和らげる対策として「生前贈与」の関心が高まっています。
これは相続対策を目的とした個人から個人への贈与をいいます。多くは親族間の贈与が多く、相続税対策や遺産分割対策として行われています。節税に有効で、もらう人一人当たり年間110万円(基礎控除)まで贈与税がかからなくなるのです。
この制度を活用しようという人が注意しなければならないのは、「名義預金」とよばれるもので、親が子供に内緒でその名義の預金口座にお金を振り込み、通帳や印鑑の保管も親が自分でしているようなケースは、贈る側ともらう側が合意して初めて成立する契約行為になるので、片方の子供側が知らないなら、贈与には当たらなくなってしまし、不動産も同様で登記がされていなければ、贈与は無かったものとみなされます。
せっかくの相続対策が無効にならないためにも「贈与は契約である」ことをしっかりと認識することが重要で、贈与者の「あげる」と受贈者の「もらう」の意思表示で成立しますので口頭の約束よりも、後でのトラブルを避けるためにも贈与契約書を残すことが望ましいでしょう。
贈与税の課税制度には「暦年課税」「相続時精算課税」があり、もらう人には申告の義務や納税の義務が生じます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。