相続税

相続税について

相続税 header image 2

節税の方法

2015年06月15日 · コメント(0) · 未分類

相続税は国税であり、これを誤魔化すことや脱税行為となると大きなペナルティが課せられます。
ただ、控除が適用されることもあり、また、節税を合法的に行うのであれば何の問題もありません。
現金として財産を引き継ぐと、正味の金額を相続することになります。
しかし、不動産に変えれば、土地としては2割から3割減額、建物の場合3割から7割に評価額が減額されます。
賃貸用の不動産に投資するのであればさらに評価額が圧縮できるでしょう。
また、毎年の贈与非課税枠が110万円であるため、継続的に110万円親である立場の人から子へ、また孫へと財産を移行させることは法律で認められています。
出来るだけ多くの相続者に長期間の贈与により財産を移動することで相続税の節約が可能となるのです。
ただし、贈与する人が死亡した時点からさかのぼって3年間は相続資産に加算されることを知っておきましょう。
また、祖父母から孫への教育資金一括贈与の非課税制度も合法的な手段としてあります。
1人の相手に生前贈与を行なっても万が一、贈与した相手が先に死亡してしまうような事態となれば、贈与した相手から逆相続となってしまうことがありますので、しっかりと相続する相手を決めておくことや相続問題を避けるために遺言書も大切となります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。