相続税

相続税について

相続税 header image 2

相続税の計算方法とは

2015年06月15日 · コメント(0) · 未分類

死亡した人に一定以上の財産がある時には、相続した人が相続税を納めなければなりません。全て現金で持っていれば計算は簡単ですが、不動産など評価額が分かりにくいものもありますし、控除と呼ばれる税金が免除になる部分もありますので素人には難しい問題です。間違いがあってはいけませんので、税理士などの専門家に依頼する場合が多いですが、ある程度は理解しておいたほうがいいでしょう。総財産が基礎控除額に満たない時には納税義務は生じません。基礎控除額は3000万円プラス法定相続人の人数掛ける600万円です。死亡した人に奥さんとお子さんが二人いた場合は4800万円までは税金は掛からないことになります。負債と葬式の費用にも税金は掛かりませんので借金分を差し引いて4800万円以下になれば大丈夫です。財産の中でも生命保険金と死亡退職金は法定相続人掛ける500万円が非課税になります。相続は財産だけではなく借金も受け継ぐことになりますので、借金が多い場合は相続を拒否することもできます。専門用語で相続放棄といいますが、自分が相続したことを知ってから三ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをすることが必要ですので、いつまでも悩んでいることはできません。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。