相続税

相続税について

相続税 header image 2

財産の評価減の方法

2015年06月15日 · コメント(0) · 未分類

相続などを行う場面では、相続税というものが発生することになり、国内では比較的高めに推移していることになります。相続税をできるだけ下げることを目的にしている方の場合では、条件次第では財産の評価減を行う方法を選択することによって、解決することができる場合があります。一般的には預貯金を含む現金などの場合では、評価減の対象とすることは困難な性質を持っているのですが、不動産などを所有されている方の場合では、その使い道によっては大きく評価減を実施することもできます。通説では例えば土地を所有されている方の場合では、土地の上にアパートなどを建てる方法が用意されています。その際には自己資金を使ったり、借金を行って建てることによって、不動産の評価が下がることになります。更地の状態と比較した場合では約8割程度に下げることができる内容を持っており、建物に関しては固定資産の評価額が算定されることになり、建築費の約6割程度にまで下げることが可能とされています。この方法を選択する場合では、不動産を所有されていない方であっても、遺産相続ならば生前に土地と建物を購入する方法も用意されており、所有している資金によっても異なりますが、賃貸住宅の場合では後に投資用として利用できるメリットも持っています。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。